モラトリアム?

政権が変わりまして、なんだか難しい言葉が出てきました。
中小企業や、個人の住宅ローンの返済を猶予するらしいんですが、うまくいくのでしょうか。
元本の支払いはとりあえず猶予して、金利だけ払うという事らしいですが、
これって金利だけ払い続けるわけですよね。
元本が減っていかないし、これってどうなんだろうと思いませんか。

>首相の案では、元本の支払いが猶予されるため、中小企業や個人はしばらく金利だけの支払い負担で済>むことになる。ただ、元本が減らないため、結果的に金利を払い続けなければならない可能性もある。

ということらしいですが、少しづつでも元本が減っていかないと、結局借金は減っていかないわけですし。
もちろん、金利だけの支払いくらいしないと、立ち行かない中小企業が多いのもそうでしょうが、
どうしても一時しのぎにしか感じないんですよね。
まぁ、借金の減額などは難しいでしょうから、せめて金利だけ支払うにしても、金利の利率を下げて、
通常金利の半分くらいは元本に当ててほしいような気がします。

私は中小企業も営んでいませんし、住宅ローンもありませんが、
見てて、銀行を倒産させない国政の失敗に似てるような気がするのは、
気のせいでしょうかね。

先行きを見守りたいとおもいます。

コメントを残す

(必須)