現金化の失敗

クレジットカードのショッピング枠を、現金化しようとした事があります。
現金化については、こちらを読んでください。

ショッピング枠の現金化が、
自分の首を返って絞めてしまう事は、
この時にも解っていたと思います。
でも、支払いが切羽詰り、
他に手立てが思い浮かばなかった私には、
これしか方法が残っていませんでした。

インターネットで、某現金化業者に申し込むとすぐに電話がかかってきました。
いかにもセールスマンという感じで、印象もとても良かったです。
そして、現金化するまでのステップを説明してくれました。
その中で、ショッピング枠の現金化と言うのは、
合法ではあるけど、カード会社のほとんどが禁止しているという事を教えてもらいました。
そして、現金化する事によって、カード会社の調査が入り、
結果次第ではカードが使用停止になるかもしれないので、
それは了承してくださいと言われました。
そして、カード会社から、何を購入したか訪ねられたら、
必ず美容器具だと答えてくださいと言われました。
追い詰められている人間ですから、
当然全てを了承して、取引きをする事になりました。

数日後、運送会社が小さな小包を持ってやってきました。
送り主は、ビューティなんたらって言う、いかにも美容器具メーカーのような名前。
クレジットカード決済になっていたので、
配送業者の人に、カードを渡します。
この時、メインで使っている二つのクレジットカードは、
停止されると困るので、持っていた信販系のカードで、決済する事にしました。
購入金額は20万円。
その信販系のカードは、ショッピングに使った事がなかったので、
すんなり通るはずでした。

しかし、結果はNG。
どうしてだか解りませんでした。
つい先日も、このカードで現金を借りていたはず。
なのに、カードが使えません。
混乱した僕は、違う信販系カードを出して、
決済してもらおうとしましたが、
こちらも決済できません。
やはり、メインのカード二つは停止が怖くて使う事ができず、
とりあえず、その小包は、運送会社が持って帰る事になりました。

しぱらくして、現金化業者から電話が入りました。
「無事に購入できましたか?」
と。
できなかった旨を伝えると、先方も慣れているようで、
そうですか、それでは今回の取引は白紙にしましょうという事を言われました。
決済できなかったからと言って、手数料などを取られる事はありませんでした。

それから、決済できなかった二つの信販系のカードを持って、
ATMへと走りました。
カードは停止されてしまったのかと心配になったからです。
しかし、どちらのカードも、普通に使う事ができて、謎が更に深まりました。

それから、その日のうちにも
決済できなかったカード会社から電話がありました。

先日、○○○○さんでお買い物をされようとしていたようですが、
残高不足で決済できませんでした。
よろしかったら、何を買おうとしていたか教えていただけますか?
と。

うわぁ、来ちゃった・・
って、半分泣きそうな思いでした。
決済できなかったのは、私の思い違いで他に買っていた物があって、
残高が足りなかったからってのが解ったけど、
そんな事より、カードが停止されてしまうかもしれない事に、
不安を覚えました。

どうしよう・・・・と。

でも、美容器具ですよっていう事を伝えると、
そうですか、解りました。
お客様には別に他意があってではありません。
ただのアンケートみたいなものですから、気になさらないでください

と言われて、電話はすぐに切りました。
その後もこのカードが使えなくなるという事はありませんでしたが、
もし決済できていたら、もっと詳しく調査が入っていたかもしれないですね。

そして、もうひとつのカードが使えなかったのも気になったので、
カード会社に電話して聞いてみると、
そのカードは、某デパートで作ったカードで、
キャッシングは付いている信販会社の提携ATMで出来るけど、
ショッピングはそのデパートでしかできないとの事。

結局、現金化はできませんでしたが、
今思えば、あの時に現金化できていたら、
もっと取り返しの付かない事になっていたかもしれないと思います。
その後の金作はたいへんだったけど、
今思えば良かったのかもしれないですね。

コメントを残す

(必須)