借り換えについて

借金はしないに越した事はありません。
それは当たり前の事ですね。
借金も財産のうちだなんて強がりを言う人も居ますが、
借金は借金。それ以外の何物でもありません。
どんな理由があるにしても、
繰り返しますが、借金はしないに越した事はないのです。

しかし、ただひとつ例外があるとしたら、
借金を減らすための借金。
借りている金融業者より、他に金利が安い業者があれば、
借り替えて完済するための借金です。
例えば、100万円をA社から金利28%で借りていたとして、
月に4万円づつリボ払いで返済したとすると、完済まで38ヶ月かかります。
総支払額は150万円程となり、50万円も利息を払う事になります。
これを金利10%のところで借り替える事ができれば、
支払い回数は29回、総支払額116万円ほどで、金利も16万円ほどで抑える事ができます。

リボ払いは、元金に対して利息がつくので、
支払い回数が多かったり、借り入れ金額が多かったりすると、
金利の多い少ないで、総支払額に歴然と違いが出来てしまいます。
もし、金利の低いところで借り替える事ができるのなら、
積極的に借り替えても良いと思います。

そして借り替えて完済したカードは、
解約して綺麗にしましょう。

コメントを残す

(必須)