金銭感覚の麻痺

金銭感覚って麻痺してしまうものなんです。
誰だって、自分はそんな事にはならないって思うものです。
私だって、そう思っていました。
でも、多重債務に陥った私は、完全にその感覚を麻痺させてしまいました。

私は最大時、700万円からの借金がありました。
その時の月の支払額は20万円と、月々のキャッシング。
支払日が近づくと、あと何万円足りないとかいう状況なってしまいます。
そして、すでにその月の返済が終わっているカードから、
何万円かを借りて、次の支払いに充てます。
そして新たにカードやローンを組めるのであれば、
簡単にそれをやってしまうのです。

その時に必ず思うのは、
これだけの借金を抱えているのだから、
あと20万増えても今更変わらない。
つきの支払いも今更一万円増えたって、たいして変わらない。
そういうふうに思ってしまったら、完全にアウトなのです。

1万円を稼ぐためにどれだけ仕事をしないといけないか、
20万円返すためには、一ヶ月の給料のほとんどを失わなくてはいけない。
そのはずなのに、それがちっぽけな借金に見えてしまうのです。

金銭感覚が麻痺しないうちに、
健全な生活に戻りましょう。
金銭感覚の麻痺は病気です。
重篤になると確実に自分自身の首を絞めていく事になります。

コメントを残す

(必須)