借り換えがはじまったころ

グレーゾーン金利が廃止されて、何年経ったでしょうか?
私が借金の返済に追われていた頃、いわゆるサラ金と呼ばれる金融業者だけてはなく、
普通のクレジットカードや審判会社の商品でも、
法定金利を超えた利息で融資を行っている業者は、たくさん存在していました。

借り換えローンや、おまとめローン、一本化ローンなどと呼ばれるものが、
グレーゾーン廃止の数年前から出てきたように記憶していますが、
当時は銀行からの融資は敷居が高くて、
そういう高金利の金融業者から借り入れする人も多くいたかと思います。
もちろん私もその一人でしたし、それによってたくさんの負債を抱えてしましまいました。

銀行系と呼ばれる借り換えに適した商品が出てきて、
だいぶ状況が変わったように思います。
それまで違法金利と知っても、そういう業者から借りるしかなかった人たちも、
そういった低金利の業者へと借り換えるようになったと思います。
それによって、今までの金利の違法性に気づいた人たちがたくさん現れて、
法律の改正、果ては任意整理による過払い金変換等、
大きな波ができたのではないかと思います。

もちろん、借り換えによって、意思が弱い人は更なる借金をしてしまうという事例も、
中にはあったとは思いますが、それを借り換えによる弊害と言ってしまうのは、
ちょっと違うと思うのです。
最終的には借り手側の意思の強さの問題ですし、
常日頃から意識を高く持っていれば、必ずしも深みへと嵌っていく事は、
ないのではないかと思います。

コメントを残す

(必須)