私が借金地獄に陥ったころ

私が大きな借金を背負っていた時、
多くの金融業者が設定していた金利は、
今現在のそれの2倍、もしくはそれ以上のものでした。
当然、その当時の毎月の返済額はたいへんなもので、
いくら返しても返しても元金がまったく減っていかない、
そういうものでした。
借り換えをしようと思ったのも、ある程度の負債を抱えてしまってからです。
もう少し早く、利息の事に目をつけていたら、
あちちょっとくらいは状況は変わっていたかもしれないとは思いますが、
現実を直視しないで、逃避していた皺寄せではあると思いますし、
これから借金する方などには、特に気をつけてもらいたい部分でありますし、
また、現在すでに借金をしている方には、
特に利息の事は常に頭に置いておいて欲しいと思います。
金利なんて、どこでも同じなんて考えていてはいけません。
その人個人の信用度にもよりますし、貸し金業者の営業方針などでも、
変わってくるでしょうし、一時的に変化する事などは、多々あるものです。
私は0.5パーセントでも利息が安ければ借り換える事を推したいですし、
そのための努力も、借金を減らすためにはいとわない覚悟というのは、
必ず必要なものだと思っています。
借金を作るのも自分自身次第、それを無くしていくのも結局は自分自身次第なのです。
任意整理や自己破産などで、債務整理して、
全てをリセットしてしまう方法もあるし、否定はいたしませんが、
その先に残るものってなんだろうって思うと、
結局は甘えだとかそういうものになってしまうような気がするんですよね。
借り換えしていく事は、社会的な不利益を産む事もないですし、
どんな理由があれ、借りたものは返すのが当然なわけですから、
そういった意味でも、自分自身の進歩のためにも、
自力での完済というのが、一番望ましいと思うのです。

私は完済したから、今はお気楽にそういう事が言えると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
どん底を体験してきた人間の言葉ですから、
そんなに軽口ではないと思っていただけたら幸いに思います。

コメントを残す

(必須)