お金を貯める

先日のエントリーで書いた通り、
毎月の借金の返済をした後、余裕があった場合は貯金する事について、
少し考えていこうと思います。

前回書いた通りですが、
月々の支払い額に、さらに上乗せしての支払いの優位性は、
早期の完済の実現と、無駄な利息を払わないと言う事だと思います。
効果としては、大まかには利息の安い金融業者に借り換えるくらいには、
たとえ月に一万円程度でも体感できるのではないでしょうか。
とても大きい事だと思いますし、
借り換えと違って、当然審査もありませんし、
もっとも完済へと近づく方法だとは思います。

ではなぜ、それを疑問に思うようになったかというと、
それは東日本大震災のような災害が、
自分に起きてしまった時にはどうするべきなのか、
そして、今までそんなに高く防災に意識を持った事はなかったのですが、
必ずしも自分にもこういう災害が降りかからないわけではないと、
実感するようになったからです。

たとえば今、自分に同じような災害が起きてしまったとじうなるでしょうか。
最も被害が大きい地域に住んでいたと想定した場合、
当然仕事もできないでしょうし、生きていくことだけで精一杯になると思います。
借金の返済どころではないでしょう。
でも、日常の生活が普段通りとまではいかなくても始まったら、
どうなるでしょうか。
最低限、生活していくだけのお金が必要です。
そのとき、国がなんとかしてくれるでしょうか。
残念ながら、我が国にそこまでの期待は持てないのです。
結局、最終的に頼れるのは自分自身という事になってしまうでしょう。

コメントを残す

(必須)