何故借金の完済を急いだか

借金を完済しましたが、本当はもう少し先になる予定でした。
そんなに急いで完済しようと思っていたわけではありませんでしたから、
ゆっくりでいいいなと思い、借金の支払いと並行して、
貯蓄もするように心がけていました。
借り換えを繰り返していた時に思っていたのですが、
貯蓄をする余裕があるならば、返済に回すべきと言うのが、
私の持論ではありました。
借金の返済において、利息を節約するというのは大前提であって、
少しでも毎月の返済額を多くすれば、支払いにおける元本の割り合いが多くなりますし、
すなわち金利の節約に繋がります。
方法は違うとは言え、効果は利息の安い金融業者に借り換えするよりも、
直接的に元本が減るという意味で、効果が高いからです。

ただ、いつかまたお金を借りてしまうんじゃないかと言う不安もあり、
また、何かしらで急な出費があった時に、
借金ではなく貯蓄から補うようにすれば、
精神衛生上も良いのではないかと思い、
少しづつ貯金もしていった次第です。
完済まで一年切ったくらいになれば、
借り換える効果もほとんどありませんから、
ただただ、毎月の支払いをこなしていくだけでしたが、
ある時、残りの借金を計算してみたら、
貯蓄のほうが多くなっている事に気がつきました。

本当はいざと言うときに残しておきたかった貯金ですが、
借金を完済できると思ったら、居ても立っても居られなくなりました。
借り換えなどの効果もない以上、
一括で支払ってしまうのは、最高の利息の節約でもあります。
貯金はゼロになってしまいますが、
また1から始める事ができます。
言うなれば、マイナスからのスタートだったのですから、
1から始められるというだけで、
どれだけ素晴らしい事か。

これからは本当の意味での貯金をしていって、
この数年間の不の遺産とも決別していけたらと思います。

コメントを残す

(必須)