芸能人の借金事情

華やかに見える芸能人。だけど、見た目と違って借金に苦しんでいる芸能人は以外と多いようですね。今回は多額の借金を抱えている(抱えていた)芸能人をご紹介します。芸能人の場合は、借り換えてどうこうするとか、生活のレベルを落とす云々といった方法が通用しないので、一般人の借金返済には参考になりませんが、それにしても、よくこれだけの借り入れができたものですね。せいぜい数百万数十万の借金でアタフタしている自分たちが本当に小さく見えます。

芸能人:千昌夫
借金額:推定2853億円
不動産事業で失敗。推定で2853億円の負債を背負ったとのこと。2000年代に再生計画書を提出し、債務は1億6千万円程度で落ち着いたそうです。まだ完済できていないようで、現在も返済中と考えられます。この人が借金しているのは有名な話ですね。

芸能人:高橋由伸
借金額:60億円
父親の経営する不動産会社が60億円の借金を抱えていたそうです。その借金を巨人が肩代わりしたとか。高橋由伸自身はヤクルトに入団したかったそうですが、借金の肩代わりを条件に巨人軍入団を決意したそうです。

芸能人:小林旭
借金額:推定51億円
ゴルフ場の開発事業で失敗。バブル期には、ホテルを経営したり、自家用ヘリを保有したりしたそうですが、バブル崩壊と共に失敗。どん底の様でしたがヒット曲を飛ばし、2003年に46億円を一括返済したとのこと。借金額も派手ですが、完済の仕方も派手ですね。

芸能人:江川卓
借金額:50億
不動産投資で大失敗。入団の契約金で土地を購入するも、うっかりミスで土地を手放すことに。バブル崩壊と共に株もで大失敗したそうです。この失敗がなければもしかしたら、読売巨人軍の監督になっていたのかしら。野球解説者としてTV出演するほうが収入多いのでしょうか。

芸能人:さだまさし
借金額:推定35億円
映画「長江」製作で失敗。35億円の借金を背負ってしまいます。その後、ライブツアー、小説執筆、飲食典型など、精力的に活動し、既に全額を完済しているとのこと。

芸能人:矢沢永吉
借金額:推定35億円
巨額の横領事件に巻き込まれ借金を抱えてしまいます。詳しい事件内容はコチラを参照してください。15年ほどの時間を要して全額完済済みです。この人は本当にビックです。借金のプレッシャーなんてこの人感じていたのでしょうか。

芸能人:藤田まこと
借金額:28億
事業で大失敗。銀行から巨額の資金を借り入れ、奥さんや子供にブティックや料理店を経営させたそうです。ですが、資金繰りに困るようになり、最終的に28億円の借金を抱えてしまいました。この借金は、既に完済済みと聞いています。

いろいろ調べてみると、一般人と借金の額のケタが違いますが、華やかに見える芸能界にも借金で苦しむ債務者が多くいることが分かりました。

最後に付け加えておきますが、今回紹介した芸能人の方は、既に借金を完済している、もしくは、現在も返済中ですが、みんないい人ばかりです。小銭を貯めこんでいるケチ芸人より私はよっぽど好きです。

コメントを残す

(必須)