ブラックリストについて考えてみた

お金を借りている人ならブラックリストに関して知識を持っておくべきです。
そこで、ブラックリストに関してまとめてみました。

ブラックリストとは?

信用情報機関に掲載されている過去の事故情報のことが一般的にブラックリストと呼ばれています。実際にブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではありません。

消費者金融などで借金をしたり、クレジットカードを作ると信用情報機関と呼ばれる機関にあなたの情報が登録されます。これは例外なくすべての人が登録されます。そして、返済が遅延するなど一定の条件を満たした場合、事故情報が登録されるのです。

この状況が一般的に「ブラックリストに掲載された」と呼ばれる状況です。

信用情報機関には、下記の様なものがあります。

ブラックリスト掲載の基準

それでは、どの様な状態になるとブラックリストに掲載(自己情報が登録)されるのでしょうか?これは、信用情報機関によって異なるのですが、例えば、株式会社日本信用情報機構(JICC)の場合ですと・・・、

  • 入金予定日から3カ月以上延滞
  • 債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合)
  • 自己破産申立、個人再生申立

などで、ブラックリストに登録されます。

ブラックリストに掲載されると・・・

ブラックリストに登録されると、様々な弊害が生じます。
例えば・・・、

  • キャッシングができなくなる。
  • 各種ローン(住宅、車など)が組めなくなる。
  • クレジットカードが作れない場合がある。
  • 新たに借金(消費者金融、クレジットカード、銀行など)ができなくなる。

今後の生活に影響を及ぼしますので、ブラックリストに掲載されないに越したことはありません。

ブラックリストの内容を確認する方法

あなたの信用情報が現在どの様になっているのか、気になる場合は情報の開示を依頼することができます。(個人信用情報の開示)

個人信用情報開示の手順や手数料に関しましては、信用情報機関によって異なります。下記の各信用情報機関のホームページを参照してください。

ブラックリストに載ると、将来にも大きく影響を及ぼします。
掲載されないよう(しないよう)に十分注意していきましょう。

ていうか、

最近は電話料金やプロバイダの支払もクレジットカードからされているものが多く、特に若い人に、知らないうちにブラックリストにのっていた、なんてことも多いようなので、注意が必要。で、注意しててもブラックリストに載ってしまっているケースもあるようです。ここではブラックリストに載ってしまった場合に消してもらう異議申立てなどの方法は書きませんが、そもそも、危うきに近づかないほうが、いいと私は思います。

携帯会社を目先の安さにつられて通信会社をコロコロ変える人や、ポイント狙いでデパートのカードをすぐ作ったりする人は、私は注意したほうがいいと思います。仮に「初年度年会費無料」のカードだとしたら、二年目は年会費が課金されるわけで、その間に自分が引っ越しをしたりすると郵便などの連絡もうまくいかずに知らない間に引き落とし不能、ブラックリスト乗せられていたりするかもしれません。で、気づくのは、何年か経って新しいカードを作るときに、カードの審査を受けてみたら以前使っていたカードで…なんてことがあるやもしれません。

コメントを残す

(必須)