債務整理について考えてみた

借金に苦しむ人は多くいますが、借金を整理できるという事実を知る人は多くありません。
今回は、借金を減額できる、場合によっては全額免除になるかもしれない、債務整理に関してまとめてみました。

債務整理とは?

債務整理とは、あなたの借金を減額したり、重い金利から解放されるための手続きです。別の言い方をすれば、借金に苦しんでいる債務者を再生させる方法のことです。

借金問題を解決する方法は、なにも「破産」だけではありません。
破産以外にも借金問題を解決する方法、それが「債務整理」です。

もしもあなたが、莫大な借金や毎月の金利、借金の取立てに恐怖を抱いているのであれば、「債務整理」を活用することで、その恐怖から開放されるかもしれません。

どの程度、借金を減らせるのか?

どの程度の金額が減額できるかは、選択する債務整理の方法や借金の状況によって異なり、一概に○○円、○○%とはお伝えできません。

ただ多くの場合、債務整理を行えば借金を減額できますし、場合によっては借金が全額免除になるケースもあるようです。

ご自身の場合どの程度の整理ができるのか知りたい方は、専門家に相談してみることをオススメいたします。

債務整理の種類は?

債務整理には、下記5つの種類があります。

特定調停
裁判所を間に立て、債権者と話し合い借金を整理する方法。

任意整理
債権者との交渉を法律家(弁護士など)に委任して借金を整理する方法。

自己整理
自身で債権者と交渉して借金を整理する方法

個人債権者再生手続き
無理のない返済計画を立て、その計画を完遂することで残りの借金を免除してもらう方法。

自己破産
裁判所から破産宣告と免責決定を受けることで借金の返済を免除してもらう方法。

詳しくは、「借金をキレイに整理する5つの方法」を参照してください。
5つの債務整理を詳しく解説しています。

債務整理に興味を持たれた方は、まず専門家に相談してみましょう。
あなたに適した債務整理の方法など、相談に乗ってもらえます。

逆に、貸出ししてるほうの立場としては、もし、借りれしている人が自己破産をしてしまえば、予定通りの返済金が見込めなくなります。
彼らとしては、返してもらえなければどうしようもないので、自己破産はされたくないものではあるのです。なので、そのへんを盾にとって、返済計画の見直しや金利負担の軽減の交渉に打って出るわけですが、こういった手続きは、法律を振りかざしての強硬手段、法律の定める手順にそって行われます。借りている側としては自分のこととして行うのはほとんどはじめての経験、しかし、金融業者からすれば、裁判所の手続きなど、専門の部署をつくって弁護士を顧問にして、業務として行われているのが当たり前なので、素人である我々がまともに立ち向かえる相手ではありません。必ず、経験豊富な専門家に相談した上で実行しましょう。もし貸出側に立場を利用しての強引な部分があれば、勝ち目はあるかもしれません。
私の場合は、幸いまでにそこまでいかずに自力でなんとかできるうちに、金利が安くて返済負担が軽いところに借り換えすることができたので、よかったと思います。一般的には、今回のテーマのような法律用語が飛び交う法的強硬手段に訴え出ることなく、借りている金融業者の窓口でまず、返済計画の見直しプランの相談をして、示談ではないですが、返済の一時先延ばしや計画変更(リスケとかリスケジュールという言葉を彼らは使うことがあります。)で、対応してもらえないものかどうか、正直に話してみることが、結果としてよいことも多いと思います。

コメントを残す

(必須)