クレジットカードの現金化とは?

借金を経験したことがある方は、「クレジットカード(ショッピング枠)の現金化」という言葉を聞いたことがあるかと思います。私も言葉だけは知っていたのですが、改めて考えるとその実態をしっかりとは把握していませんでした。

そこで、「クレジットカード(ショッピング枠)の現金化」に関して調べてみたので、シェアしたいと思います。

どうやって現金化するのか?

クレジットカードを現金化するって、いったいどの様にするのでしょうか?

私は今回の記事を書くまで、現金化とは、家電量販店などで商品をクレジットカードで購入、リサイクルショップなどに売るのだと思い込んでいました。しかし実際は違います。
確かに、自分でそうすることもできます。でも、不自然なカード使用履歴から、カード会社のほうで限度額内であっても一時的に利用を停止されて、電話料金その他まで止められてしまうこともありますので、クレジットカードの空枠現金化は絶対に手をだしてはいけません。

ここでは、知識として、専門の業者がいて、に仲介に入ってもらい、クレジットカードのショッピング枠を現金化している、ということをお伝えします。

その専門の業者はどの様にしてクレジットカードを現金化しているのでしょうか?その仕組みを見ていきましょう。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード(ショッピング枠)を現金化する仕組みは2種類あります。

  • キャッシュバック方式
  • 利用者はクレジットカード現金化業者からほとんど無価値の商品(例えば、おもちゃの指輪や安い陶器など)をクレジットカードで購入します。業者は購入金額から一定の割合(例えば、90%)の金額をキャッシュバックとして利用者の口座に支払います。例えば、購入金額が50万円でキャッシュバックする割合が90%であれば、利用者の口座に45万円が支払われることになります。業者の利益は5万円ですね。

  • 買取方式
  • 利用者はクレジットカード現金化業者が販売する商品(例えば、チケットや指輪など)をクレジットカードで購入します。現金化業者はあなたが購入した商品を買取、その買取金額を利用者の口座に支払います。例えば、50万円の商品を購入して、業者が45万円で買取すれば、利用者の口座に45万円が支払われることになります。業者の利益は5万円ですね。販売した商品も買取して戻ってきますので、次の取引に使えます。カードの加盟店側が関与して不正かグレーなことをしているケースです。

クレジットカード現金化までの流れ

現金化までの流れは、業者によって異なりますが、概ね以下の様な流れです。
(下記の流れはネット業者によくある流れです。)

申し込み
お申し込みフォームから必要事項を記入して申し込む。
身分証明書の提示を求められる。

本人確認
業者から電話が掛かってきて本人確認を行われる。

商品の購入
商品をクレジットカードで決済。

キャッシュバック
換金率に沿って現金が指定した口座に入金される。

商品受け取り
購入した商品が送られてくる。

同じように、「カードの空枠を現金化します」といった内容の捨て看板のたぐいをを街中や住宅街、あるいは駅前の公衆電話などで、「○○ギフト」「××チケット」といったものを、もしかしたら、県道沿いの電柱などで、見かけたことはありませんか?上記の現金化業者は、悪徳といえども良心的なほうで、同じような名前でも、もっと荒っぽい人(ここではどんな人達かは書きませんが想像してみてください)だと、看板やチラシでお店を訪ねてみるとそこはマンションの一室で、例えば駅前の業者であれば、「みどりの窓口に行って、再来週の、東京~大阪間の新幹線チケットをクレジットカードで買って来てください。」と言ってきます。東京~大阪の新幹線チケットなら、いかにも現金化しやすそうなモノですね。で、それを、持ち込むと70%とか、で現金化買取してくれるのです。
足元を見られると、半値八掛(つまり4割)ということも十分あります。なにせ、そういうことが得意な人たちですからね。
とにかく、この分野には近づかないことです。

今回は「クレジットカードの現金化」に関してシェアしました。

確かに、お金に困ったときクレジットカードの現金化は役立ちそうなサービスです。ですが、結局はその場しのぎにしかなりません。

それ以前に、この手の業者に身分証明書を提示することに私は躊躇いを感じました。ネットの現金化業者をいくつも調べてみましたが、その多くは「特定商取引法の表記」をまともに掲載していません。ちょっと怪しくないですか?

個人的な意見ですが、個人情報が流れるのではないかと不安になります。

それに、クレジットカードの現金化って違法じゃないの?って疑問も抱いています。

次回は「クレジットカード現金化の違法性」に関してシェアしたいと思います。
今回の内容を見て「クレジットカードの現金化」に飛びつくのではなく、次回の更新内容にも目を通してから判断してください。ていうか、先ほども書きましたが、これだけは、どんなに目先のお金に困っても、絶対に手を出さないでください。

コメントを残す

(必須)