クレジットカードの現金化は違法なのか?

前回の記事では「クレジットカードの現金化」についてシェアさせて頂きました。
今回は、その「クレジットカードの現金化」に違法性があるのか?という疑問を解決していきたいと思います。

現金化業者の違法性

私は法の専門家ではありませんから、法律を持ち出して違法性があるのかを検証するのは荷が重過ぎます。なので、私なりに調べてみました。

まず、クレジットカードの現金化業者ってたくさんありますよね。
ネット完結の業者もありますし、栄前などに店舗型の業者もたくさんあります。

これらの業者が今でも普通に運営できているということは、現時点では「完全に違法」とは言えないと思います。限りなくグレーゾーンなのでしょう。

しかし、過去の事例を検索してみると、クレジットカード現金化業者が摘発された事例が見つかりました。2011年8月のことで、摘発の理由は、「貸金業法及び出資法違反」だそうです。

キャッシング目的のためにショッピング枠を利用させる商法は、実際のところ「お金の貸し付けである」と判断され、クレジットカードの現金化業者は金融業者であると認定されたわけです。金融業者は貸金業法にもとづいて営業の許可が必要になるのですが、現金化業者は当然許可を得ていません。そこで「貸金業法違反」となったのです。

さらに、金利の面でも問題があり、「出資法違反」ということになったそうです。

この事例を見てみると、グレーゾーンではあるけど、運営内容によっては逮捕される可能性があるということなのでしょう。

利用者の違法性

クレジットカード現金化業者を利用している利用者にも違法性があるのでしょうか?

色々と調べてみましたが、利用者が逮捕されたケースは無いようです。
ですが、違法性がある可能性も否定し切れません。

クレジットカードの現金化は「横領罪」「詐欺罪」に該当する可能性があります。

横領罪
クレジットカードで購入した商品は、代金を支払うまで所有権はクレジットカード会社にあります。買取型のサービスを利用した場合、購入した商品を代金支払い前に買い取ってもらうわけですから、横領罪に該当する可能性があるわけです。

詐欺罪
クレジットカードを現金化する目的で利用することは、本来の使い方と異なります。そのため、お金を詐取する行為として、「詐欺罪」に該当する可能性もあります。

こうやって調べてみると怖いですよね。
知らずに使っていると、逮捕される可能性だって0%ではないのです。

違法性が無いとしても・・・

手軽に利用してよいサービスではありません。
違法性がないとしても、クレジットカードの利用規約には違反する場合がほとんどです。

クレジットカード会社の利用規約を見てみると、ほとんどが「クレジットカード現金化」を禁止しています。つまり、逮捕される可能性は無いかもしれませんが、クレジットカードの利用を停止される可能性があるわけです。

その場しのぎでクレジットカードを現金化すると、高い代償を支払うことになりそうです。

また、「クレジットカードの現金化」を行っていると、「自己破産」をしたときにも高い代償を支払う必要が出てきます。破産法には、「免責不許可事由」というものが定められているのですが、クレジットカード現金化の利用も、免責不許可事由に該当するのです。

=自己破産できないということでは無いのですが、自己破産のスピードを遅らせるなど、影響を及ぼす可能性があるのです。

現金化するかどうかを決めるのは、個人の判断にお任せします。
ですが、判断される前に・・・

  • 違法な現金化業者かもしれない。
  • 利用者も「横領罪」「詐欺罪」に問われるかもしれない。
  • クレジットカードの利用を停止されるかもしれない。
  • 自己破産の時に不利になるかもしれない。

これなのことを念頭によく考えてからにしてください。
いや、考えるまでもなく、絶対に手を出さないでください。

・・・話は少し違うのですが、ついでですから前回で少し書いた、こういった業者の捨て看板には、クレジットの空枠現金化のものの他に、「車に乗ったまま現金化。スピード金融」といった看板についても書いておきますね。乗っている車を担保に、印鑑証明などの自動車の譲渡書類を預けて借入申込書を書かせる業者のことなのですが、彼らもたいていクレジットの空枠の現金化にもかかわっているようです。で、そういった人たちがでいうには、空枠や車で金融しだした奴らはまず間違いなく破滅する、らしいです。今回の記事のことをしらべてみて、昔飲み屋でなんとなく聞いた話の意味がやっとわかりました。クレジットカードや自動車も大切な財産なので、共通した考え方があります。

冷静に考えてもらうとすぐにわかるのですが、仮にカードの空枠を現金化して90%としたら、次に支払うのは一か月後に今受け取った金額の約1.1倍、つまり、月利10%…。月利ではなく年利換算すると…。書けません。確かに、破滅の道を歩き始めていることは明らかです。そこまでして現金を手にして、体面を保つために目の前の他の返済資金を調達しようとしているなら…。次のカードの決済日には、もう空枠は残っていないので、もはや、地獄からぬけだせません。当然、借金を周りの人に隠そう、体面を保とう、なんてことはもはや不可能です。

それは確実に、一か月後にやってくる、です。

コメントを残す

(必須)