リボ払いについて

リボ払いは、毎月の返済額ををあらかじめ決めておく、分割払いです。
利用の件数金額にかかわらず、カード会社の設定する限度額の範囲内で、何度でも利用できます。
毎月の支払いがほぼ一定だから、計画的に利用できる反面、金利も高いです。
毎月一定額を支払えば済むリボ払いを便利に感じる方も多いかと思います。

リボ払いの場合、あらかじめ決まっているのは、
毎月の支払い額(定額リボ払いのケース)か利用額の一定割合(定率リボ払いのケース)だけで、
支払い回数は決められていません。
確かに毎月一定額を支払えば済むリボ払いは便利ですが、
米国では、借金苦による自己破産の約8割がリボ払いによるカードローンが原因と言われています。
便利さだけに目を奪われると、借金返済に行き詰まるということにもなりかねません。

リボ払いは毎月残った元金に対して利息がついててきます。
支払い回数が長くなると、それだけ利息も多く払わないといけません。
リボ払いの仕組みをよく理解して、上手につきあっていきましょう。

コメントを残す

(必須)