滞納していないのに

滞納さえしていなければ、クレジットカードは止められない。
そう思っていました。
自転車操業の核となっていた二枚のクレジットカード。
この二枚で、借金して返してを繰り返して、やりくりしていました。
生命線のカードですから、この二枚のカードだけは、
支払いが滞らないようにしていました。
他のカードも、悪循環の中ではありますが、
滞納はしていなかったのですが・・・・。

ある日、ポストにクレジットカード会社から封筒が届きました。
開封すると、クレジット内容の変更という内容。
毎月、利用明細と請求書が届く時期とは違う時期に届いたので、
嫌な予感はしていたのですが、事態はかなり深刻でした。
それまでは、そのカードの限度額が、
ローンが50万円、キャッシングが20万円というものでした。
それが、ローンが30万円になり、キャッシングが10万円となったのです。
この変更の通知が来た時点で、すでにローンは枠一杯の50万円まで借金していました。
でも、限度額が変更されて30万になると、
その時点ですでに20万円もオーバーしているのです。
そして、ショッピングから何から、カードの全ての機能が停止しました。
ローンの返済を月々やって、元金が30万を切らない限り、
カードはただの固形物でしかなくなったのです。

このクレジットカード会社、及び他の借金にしても、
滞納はほとんどありませんでしたので、
この時点での借金の総額か、借り入れ件数か、
どちらかが原因で、内容が変更されたものだと思われます。
自転車操業で、かろうじてやり繰りできていても、
その命綱は、いつ簡単に切れるか解らないのです。

ギリギリで遣り繰りしているものは、
ほんの些細な事で、いつ滞ってしまうか解らないものです。
そうなる前に借金は対策していかないと、
借り換えなどすらできなくなってしまいますから。

コメントを残す

(必須)