自転車操業の恐怖

自転車操業って言葉、よく聞きますよね?
でも、意外に意味は知らない人が多いようです。
まぁ、借金なんか抱えた事がない人には縁がない言葉だからかもしれませんが。

自転車は、走り続けないと倒れてしまいます。
それに見立てて、返済と借り入れを延々と繰り返して操業する様を、自転車操業と言います。

私のような多重債務者は、まさにそのような状態なわけです。
借金が増えて、それが払えなくなってくると、違うところでまた借金をする。
借金を返すためにする借金が、最もやってはいけない借金なのです。
一時的に支払いが楽になったり、その場は凌げたりもしますが、
よっぽどの支払いへの根拠がない限りは、まず間違いなく債務状況が悪化します。
そうなる前になんとかしないといけないのですが、
溺れる者は藁をも掴みます。

支払日が近づき、にっちもさっちもいかなくなると、
今の状況を打破するために、また借金をしてしまいます。
それがただの一時凌ぎだと頭のどこかで解ってはいても、
借金するという事に麻痺してしまった人間には、
借りるしかない事があるのです。

もし、今はまだそういう状況じゃないなら、
もしまだ、借金の為に借金をしていないなら、
今が運命の分かれ道だと思ってください。
多重債務者という地獄へ落ちるか、
健全な生活に戻れるかの。

コメントを残す

(必須)